MENU

男性ホルモン抑制の育毛シャンプーがある!薄毛対策の決め手シャンプー!


育毛や発毛を実践するにあたってシャンプー効果は通常では頭皮環境を改善させる為の方法になります。
頭皮環境が良い状態になると育毛剤の効果も倍増してより高い「育毛力」、「発毛力」を期待出来る事になります。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

今までは頭皮環境成分や血行促進成分が配合された「アミノ酸系の育毛シャンプー」にて頭皮環境を健全化した後に「男性ホルモン抑制の育毛剤」を使用する事がベターでしたが、最近では育毛シャンプーそのものに「男性ホルモン抑制作用の成分」を配合したシャンプーが発売されてきました。
具体的な男性ホルモンを抑制させる成分とは「オウゴンエキス」や「ヒオウギ抽出液」、「冬虫夏草エキス」などです。

 

 

オウゴンエキスやヒオウギ抽出液、冬虫夏草エキスなどは抜け毛を促進する男性ホルモン単体を抑制させるのではなくて、抜け毛促進の男性ホルモンが作られる過程で必要な還元酵素の5αリダクターゼを阻害する働きがあります。この5αリダクターゼが阻害されるので結果的に抜け毛を促進させる男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)は生成されなくなります。

 

 

 

このような男性ホルモン抑制作用の成分を含むシャンプーならば、シャンプーと育毛剤を2つセットで所持する必要がなく「育毛シャンプー」のみの所持で育毛や発毛が実践出来るので効率的ですよね^^。

男性ホルモン抑制の成分配合の育毛シャンプー

男性ホルモン抑制シャンプー BUBKAスカルプケアシャンプー

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

男性ホルモン抑制成分有りのシャンプーは洗い方が重要!


「男性ホルモン抑制作用がある育毛シャンプー」は正しい洗い方が必要です。単に髪の毛や頭皮を洗うだけでは高い効果は望めません。
洗浄成分や血行促進成分などで頭皮環境の健全化と血行促進化を進めるだけでなく、「男性ホルモン抑制作用の成分」を頭皮に刷り込む必要があるのでポイントは頭皮を洗うのではなくてマッサージするようにシャンプー液を刷り込む方法がベストなシャンプー方法です。

 

以下のポイントを意識してシャンプーすると高い効果を期待出来ます。

 

 

指の腹で頭皮をマッサージするようにシャンプーする

指の腹で頭皮をマッサージします。少なくても5分間は実践しましょう^^。
意識的にはシャンプー液を頭皮の毛穴に刷り込む意識でマッサージすると効果的です。男性ホルモン抑制成分を頭皮に刷り込む意識をしてシャンプーしてみましょう^^。

 

 

湯船に10分以上浸かってからシャンプーする

シャンプーをする前に湯船に10分以上浸かってからシャンプーするほうが効果的です。湯船に10分以上入ると身体が温まります。
身体が温まると身体全体の毛穴が開きます。頭皮の毛穴も開きます。この頭皮の毛穴が開いた状態の時にシャンプーすると毛穴の汚れが取れやすいだけでなくて、汚れを取った後の毛穴にシャンプー成分の1つの「男性ホルモン抑制作用の成分」が染み込みやすくなります。

 

 

より高い効果を期待するなら毛穴を開かせてからのシャンプーが効果的なんですね^^。

 

 

シャンプー後はよく乾かす事

シャンプーの後はよく乾かす事が重要です。シャンプーの後はタオルでしっかりと水分を取ってからドライヤーで完全に乾燥させてください。
頭皮の湿度が高いままの状態が長く続くと雑菌が繁殖するだけでなく、毛穴に入り込んだ男性ホルモン抑制作用の成分が水分で薄まってしまい効果が半減してしまいます。

 

 

完全に乾かしきってから就寝すると寝ている間に男性ホルモン抑制作用の成分が深く染みわたり、毛根にある還元酵素の5αリダクターゼを阻害させるように働きかけてくれます。

 

男性ホルモン抑制作用の成分が配合されている育毛シャンプー

男女別!育毛シャンプーランキング

男性の育毛シャンプー ランキング 女性の育毛シャンプー ランキング

スポンサードサーチ